屋根の細かい部分についての言葉をご紹介。
屋根の形状についても名前があるので、ご自分のご自宅がどんな形か
確かめてみるのも面白いですよ。

屋根の部位名 棟や軒先、ケラバなど屋根に関わる家屋の部分名称を確認できます。

屋根形状の種類

切妻屋根 棟を頂点に、両端の下方へと展開する屋根。真屋(まや)とも呼ばれる。
越屋根 通常の屋根の上にもう一段屋根を設け、換気や明かりを取り込みやすくした屋根。
寄棟造 棟の両端から四隅にそれぞれ降り棟が降りている屋根。類型として四注造(しちゅうづくり)や四阿(しあ)がある。

入母屋 切妻(上部)と寄棟(下部)の特長を併せ持つ屋根。
方形屋根 屋根の頂点から四隅にそれぞれ降り棟が降りている正方形の屋根。
方流れ屋根 どちらか一方だけに傾斜している屋根。

このぎり屋 片流れ屋根の形状を複数つなげた屋根。片流れに比べ勾配をつけやすい。
陸屋根 屋根の勾配がほとんど無い、水平な屋根。マンションやオフィスビルなどの鉄筋コンクリート建築に多様される。平屋根。

トップ