アスベスト封印工法(商標登録済)

カナメでは塗り替えでは解決できない屋根のアスベスト対策を
新しい屋根の中に封じ込めることによって、安心・低コストで実現!
その技術をご紹介します。

屋根が雨風、太陽光により劣化・風化していくと、少なからずアスベストを含んだ粉塵が周囲へと飛散するようになります。またこのような屋根では仮に塗り替え塗装をしても、塗装がはげれば再び飛散を招きます。カナメでは、より安全なアスベスト対策として「封印工法」をお薦めいたします。

屋根専門業者だからできる封印工法

太陽光や雨風による劣化・風化でアスベストの飛散の恐れあり。

太陽光や雨風による劣化・風化でアスベストの飛散の恐れあり。

粘着防水シートで露出面を密封。

粘着防水シートで露出面を密封。

最後に軽量・高耐久の金属屋根で覆うので安心!! ●覆いに使う屋根材はルーフシステム全商品で対応。

最後に軽量・高耐久の金属屋根で覆うので安心!!
●覆いに使う屋根材はカナメ全商品で対応。

アスベストを含んだ屋根(石綿スレート)

飛散・汚染を封印!

屋根の雨風・太陽光に触れる露出面を軒先なども含め、従来の重ね葺きの密閉性をより高めることにより、アスベスト飛散を完全封印。

高機能なのに 低コスト!!

ただの屋根アスベスト対策ではなく、上にかぶせる屋根も10年~最長20年の塗膜保証で施工後も安心。さらに屋根アスベスト対策で一番費用のかかる撤去処理費もかからないから低コスト。

住みながら 手軽に出来る!!!

ご家族の方は工事中も今まで通りの生活ができます。さらに既存屋根材を切断・解体しないため、撤去工事よりも工事中のチリを最小限に抑えられますので、ご近所にもご迷惑をかけません。

※もちろん屋根の下地の傷みが激しい場合や撤去を希望される場合には従来通りの撤去工事も行っております。

トップ